FC2ブログ

~海洋冒険家「白石康次郎」さんにエールを!~~

 海洋冒険家の白石康次郎さんが世界一過酷な無寄港世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」に参加しています。
フランスでは、ツールドフランスと全仏オープンテニスと並んで3大スポーツイベントに数えられるビックイベントだそうです。
 昨日のNHKBSで特集をされていました。4年前に亡き恩師の思いを乗せて前回のヴァンデ・グローブに参加され、残念ながらマストが折れて、断腸の思いでリタイアをされました。(当時TV情報番組でも状況を配信していました)
 その後、再度参加を決意して4年間の準備期間にスポンサー募集や新艇の建造や大変な思いをされての今回の参加となっています。本当に熱い思いがなければ出来ない事だと思います。
 白石様は、無添加住宅の入居者であり私が担当としてお付き合いをさせて頂いていますが、本当にバイタリティーがあり魅力的な方で、誰からも好かれる方だと思います。今回のレースも多くの方が応援をされていると思います。
レース前に、日本に帰えられた時に偶然少しお話をする機会がありましたが、明日からフランスに旅立つと言っていました。
 今、大西洋上でレース途中でメインセール(帆)が破れるというトラブルに見舞われて、自分で修理をされています。大変な作業で、リタイアしてもおかしくない状況ですが、洋上の船内でセールの補修等を頑張っているそうです。
 その状況を聞くととてもエールを送らざるを得ない気持ちで一杯です。
是非この困難を乗り越えて、世界一周を達成していただきたいと思います。そして、ゴールをされて、満面の笑みを是非見たいと思います。多くの人々と共に、エールを送りたいと思います。

 『白石康次郎さんゴールを目指して頑張って下さい!』
スポンサーサイト



「いのちの林檎」を見てきました。もっと多くの人に見てもらいたい!

昨日、新宿武蔵野館にて「いのちの林檎」を見てきました。

生憎の雨模様でしたが、ほぼ満席に近い状況で多くの方が見に来られていました。


奇跡のりんごを作った木村秋則さんのリンゴつくりの話と、化学物質過敏症になり死の恐怖になまされている

早苗さんの話が、最後には結びついていくのです。


早苗さんは、川崎市郊外に両親が新築した家に住みシックハウス症候群が現れたそうです。

いろいろな症状が出て、いくつもの病院に行きましたが、そのうちに化学物質過敏症になり、病名が分かるまで

6年がかかったそうです。(空気が安心して吸えないなって、理解ができない方が殆どだと思います)


多くの方が、そこまで酷くなくても、頭痛であったり、不眠症であったりのいろいろな症状から

始まる場合があるそうです。でも多くの方は、住宅の空気環境によりそのような症状が出ることなど、

理解できませんし、お医者様も住宅の空気環境を聞く方もいないと思います。

(多くのお客様に、病名が分かる間にひどくなってしまい、化学物質過敏症になったと聞いています)




この作品は、ドキメント映像ですので、早苗さんが取材中に幾度のなく呼吸困難になり、命の危険を冒してまでも

取材に協力をしてくれています。(一人でも多くの方にこの病気を理解してもらいたい一心です)


以前症状がひどくなり一時期は、急に浄水器の水も飲めなくなり、食器にも反応して、口に食べ物が

入れれなくなり、いのちの危険が迫った時に、この木村様の奇跡のりんごに命を救ってもらったそうです。



私も、自身がシックハウス症候群ですが、周りの方からは分かってもらえないことが多くあります。

シックハウス症候群の症状は、原因物質のないところに行くと大丈夫ですので、そのように気を

付けるようにしていますので、急激な変化はないようですが、私でもお風呂に入るときに水に含まれる

塩素にも反応をします。一般的なシロアリの薬には、近づくだけで目の周りが赤くなッたりします。


現在日本には、シックハウス症候群や化学物資過敏症が方が実際には多く居るのにもかかわらず

理解されていませんので、TVCM等の影響で多くの化学物質を含んだ生活用品や洗剤等を多く使われています。

多くは、量が多いと劇物や健康に害があるものが、安くて使いやすいと言った事で、微量多く使われています。


多くの方に、この映画を見て頂き、少しでも理解を深めて頂き、もしかして今抱えている症状が空気環境や

生活環境が起こしているかもしれない事を理解していただきたいと思います。


これだけは、知っておいてください。建築材料でF☆☆☆☆(エフフォースター)=安全ではありません。

私は、新築のF☆☆☆☆の部屋には長く居られません。政府の指導で、今後ますます省エネの為もあり

住宅の高断熱化が進み、気密性も上がることだとも思いますが、建材の使用制限は、特に変わらない予定です。

北海道などの気密性の高い住宅の場合は、F☆☆☆☆の建材で作られた家は、新築後十分換気をしないと

引き渡しができない場合があると聞いています。


多くの無知が、新たなシックハウス症候群や化学物質過敏症を生み出しているのかもしれません。


「いのちの林檎」を是非、一度ご覧になってください。

昨日より、「いのちの林檎」上映始まる。新宿武蔵野館にて

連日暑い日が続いています。無添加住宅横浜モデルの田んぼの稲は、眩しい太陽の光を燦々と浴びて元気に

大きくなっています。モデルハウスに来場のお客様も、汗をかきながら熱心に見て回られています。


以前に取り上げました「いのちの林檎」の上映が、昨日より東京都新宿駅すぐの新宿武蔵野館と広島県

福山市シネマモードにて始まりました。8月24日からは、大阪のテアトル梅田でも上映が始まります。


大ヒット中の「奇跡のりんご」も多くの方が、見られて感動されたと思いますが、「いのちの林檎」

見られると、きっと涙することだと思います。


私自身が、シックハウス症候群なのでよくわかりますが、日常の使われてる洗剤類などもともすると

反応してしまうのです。シックハウスの人は、化学物質の少ない環境に居ると反応をしませんが、

化学物質過敏症の方は、そうもいかないのです。

水道の水も飲めなくて、農薬を使った果物も食べれない方がいる事を知って頂ければと思います。


ある大学の研究で、子供からお年寄りまで血液検査をして体内のPCBやダイオキシンなどの有害な物質を

どれぐらい蓄積をしているかを調べたそうです。

その結果、年齢と共に蓄積量が増えるそうです。しかし、女性の方である年齢層が横ばいに近い

数値の時があるそうです。それは、妊娠により母体よりへその緒を通して赤ちゃんに有害物質が

行っているからだと思われています。


そんな影響もあり、最近は4人に1人がアレルギーを持っている状況になったかもしれません。

私の、長男もアトピー性皮膚炎になり小さい時は、大変苦労をしました。

アトピー以外にも、多くのお子様がアレルギー性の疾患を抱えている方が多くいます。


「いのちの林檎」を見て頂くと、化学物質過敏症の方の現状もわかることだと思いますが

シックハウス症候群と気付かずに症状を悪化してしまい、化学物質過敏症になる方が多いと聞いています。


多くの方が、新築の家だったり、リフォームした部屋だったり、会社の改装やカーペットのクリーニングでも

シックハウスになる方は、いるのです。


最近、本屋さんに行くとトイレに行きたくなったり、ホームセンターに行くと頭が痛くなったりする人は

シックハウスの症状かもしれません。他人事も思わず自身を一度見つめ直してみてください。


無添加住宅に入居されたお客様からも、長年の頭痛が良くなったとか、不眠症が治ったとか

長年医療機関に行っても、改善しないので持病だと思っていた方が良くなったと喜んで頂いています。


「誰もが安心して住める家を広めたい」無添加住宅の願いです。

「いのちの林檎」が、7月13日より新宿武蔵野館で上映されます! 

無添加住宅横浜モデルハウスも最近の雨で、通路沿いに植えてあるアジサイの花が鮮やかに輝いています。


以前、今上映中の「奇跡のりんご」という映画のつながりで、

「いのちの林檎」と言う物語があることを

お伝えしましたが、ドキュメンタリー「いのちの林檎」のプロデューサーをされています馬場様より

「いのちの林檎」のパンフレットが送られてきました。

P1040586.jpg


映画「奇跡のりんご」のモデルである、農薬を使わない林檎作りに苦労の末に成功した木村秋則さんの作った

無農薬で自然の恵みと愛情にあふれた林檎が、化学物質過敏症で苦しむ女性、早苗さんの命を救った

まさに、二つの魂が出会った真実のデドキュメンタリー作品が「いのちの林檎」なのです。


7月13日(土)より、新宿武蔵野館にて上映が行われます。是非見てほしい作品です。

無添加住宅は、「いのちの林檎」を応援しています。



現在、化学物質過敏症の患者さんは、全国で推定で約70万人(180人に一人)言われています。

小さいお子様も含めると100万人とも言われています。(120人に一人)


私自身が、化学物質過敏症の軽い症状と言われるシックハウス症候群に罹っていますので、感覚的にわかりますが

化学物質過敏症のお客様が、日常生活を通常におくれない現状をこのドキュメンタリーを見て頂ければわかります。

シックハウスや化学物質過敏症は、他人事ではありません。知らないうちに花粉症と同じようにいつ罹るかも

わからないからです。あるお客様はトイレのリフォームが原因だったり、あるお客様はシロアリ工事が

原因だったり、あるお客様は防音工事だったりと原因は様々です。

しかし、ほとんどが住宅や職場などの長く居る事が多い、住環境が原因となっています。


私の場合は、会社の事務所の床材(カーペット)をクリーニング(強力な薬品による)が原因で

シックハウスになりました。もともとすこしアレルギーもありましたが、すごく怖いものです。

たとえは、衣類等も一度洗って、干さないと着れませんし、洗剤も無添加なシャボン玉石けんなどを使っています。

シャボン玉石けん様とは、無添加つながりで親しくさせて頂いています。


シックハウスの場合は、原因物質が少ない環境に行けば大丈夫ですが、化学物質過敏症の方は少しの化学物質にも

反応をされます。(例えば、家庭用洗剤や化粧品、防虫剤や添加物など)


そんな健康な方が、普段使われている物が使えない方が、日本には180人に一人という割合でいることを

知って頂き、この「いのちの林檎」を見て頂くと早苗さんが木村さんの作られた林檎で救われた事が

わかって頂けると思います。


2012年お蔵出し映画祭グランプリー作品 「いのちの林檎」

HP → http://www.inochinoringo.com/


映画「奇跡のリンゴ」明日から公開!この物語には、「いのちの林檎」という物語が!

いよいよ明日から全国の映画館で「奇跡のリンゴ」の上映が始まります。

この物語は、リンゴを育てるために大量の農薬が使われていますが、その農薬によって妻が化学物資過敏症に

なり、その妻を助けるために無謀とも不可能とも言われた無農薬のリンゴ栽培に挑戦した実話をもとにした

感動の物語であります。最近TVのCMでも、よく見かけるとおもいます。

奇跡のリンゴ http://www.kisekinoringo.com/


奇跡のリンゴもとても感動の物語ですが、この物語につながるもう一つの物語があるのです。

それは、「奇跡のリンゴ」に出てくる木村さんのリンゴが一人の化学物資過敏症女性を救った

感動の物語があるのです。それは、木村さんの奥様と同じ化学物質過敏症の早苗さんという人が

自宅の新築が原因で、化学物質過敏症(自身の化学物質に対する容量が一杯になり、発症すると

日常使っている整髪料や洗剤・歯磨き粉などに反応してしまう病気)になり、病名が分からないうちに

重症化して、ある日突然食器や食べ物から拒否反応が起きて、水も飲めない状況になり、ついには4日目に

脱水症状となり、どうしょうもないときに、木村さんのリンゴに出会い林檎から水分を補給して

助かったと物語があったのです。

この方は、安心して安全な空気を吸うために、高度1000m級の山にテントを張り、生活をしたり

大変な苦労をしていることをドキメントとして映しています。(他に、同じように苦しむ兄弟も映しています)


無添加住宅も化学物質過敏症のお客様と接する機会も多く、多くの方に化学物質過敏症の方の苦しみを知って

欲しくて、無添加住宅代理店の皆様にこの映画を見てほしいと勧めています。

「奇跡のリンゴ」と違い、「いのちの林檎」は自主上映ですので、近くの映画館では見れない場合が多いのですが

是非この「いのちの林檎」を見て頂きたいと思います。


いのちの林檎  http://www.inochinoringo.com/index.html


余談ですが、奇跡のリンゴの木村さんは大豆の根粒菌を利用したり、益虫を利用したり少し秋田社長と

同じマニアックなところが似ていると思うのは私だけでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。
 

プロフィール

chujyo

Author:chujyo
無添加住宅直営横浜リノベスタジオの店長の中上(ちゅうじょう)です。
シックハウス症候群である自身の体験と建築・リフォームに長く携わって来た経験と学んだ知識を生かして一人でも多くの方に無添加住宅を知って頂く事を目指しています。
1級建築士・インテリアコーディネーター・宅地建物取引士・風水鑑定士・無添加住宅上級プランナー・行政書士(有資格者)・SDGs検定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR