FC2ブログ

無添加住宅横浜モデルで、田植えの準備!

無添加住宅横浜モデルには、田んぼがあります。そこに、雨水をタンクに溜めて田んぼに

水をひきこみ毎年もち米を作っています。

今年もその準備の為に、稲(もち米)を育てています。

P1040364.jpg

昨年育てたもち米を置いておいたものを、植えて芽が出てきました。

この苗が、今月末から来月上旬には田植えの出来る大きさになりますので、来月上旬に田植えを始めます。


又、今流行の緑のカーテンをするようにゴーヤなどを多く植えました。ゴーヤなどは伸びかけると

すごいスピードで成長をします。ゴーヤは、完熟すると黄色くなり中に赤い種の周りが食べれるようになります。

ゼリー状で、そんなにおいしい物ではありません。やはり、緑の食べ頃が苦いですがおいしいと思います。

ゴーヤは、和名「ツルレイシ」と言うそうです。

P1040365.jpg

これから夏にかけて、無添加住宅横浜モデルは野菜がドンドン収穫できるようになると思います。

是非遊びに来てください。

どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



無添加住宅横浜モデルハウスは、GWで大賑わいです。

GWの終盤となってきました。

無添加住宅の横浜モデルハウスは、大賑わいを見せています。

昨日は、24組のお客様が来展頂き大変な事になっていました。

消費税UPを来年に控え、住宅ローン金利も上がる気配がしていることもあり

とても、この時期に住宅をご計画される方が多いことだと思います。


昨日も、相談に来展されたお客様に、こんなことを弊社代表の秋田が言っていました。

『住宅を決める場合は、今月中に決めて頂くとこれだけ特典がありますような事に乗っかるのではなく

一生住み続ける家ですから、間取りやデザインや設備等やを十分検討して、建築時とその後の

メンテナンス費用がいくらかかるのかを十分お聞きになり、ご予算的に可能な会社で

家族の皆様が、十分納得をされて決めて欲しいと思います』

とお伝えをしました。ですので、数社を検討するのであれば最低でも3ヶ月間以上必要だと思います。

お客様も、家の新築にあたりどのように進めていいのかを理解されていない様子でした。


住宅の場合は、建築して終わりではありません。

住み続けるわけだすから、建築後のメンテナンス費用がいくらかかるのか、家の耐用年数は何年あるのか等を

しっかりを聞いた上で、検討が必要だと思います。


是非、ご契約の際はムードでなんとなく決めるのではなく、トータルで検討をして後で後悔の無い様な

事にしないと、簡単にやり替えをすることは、難しいと思います。


どうぞ営業の方に、いろいろなお話を聞いて、子供様やお孫様の時代にも住み続けて頂ける家作りを

ご検討頂ける事が、本当のエコにもなる事だと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

chujyo

Author:chujyo
無添加住宅直営横浜リノベスタジオの店長の中上(ちゅうじょう)です。
シックハウス症候群である自身の体験と建築・リフォームに長く携わって来た経験と学んだ知識を生かして一人でも多くの方に無添加住宅を知って頂く事を目指しています。
1級建築士・インテリアコーディネーター・宅地建物取引士・風水鑑定士・無添加住宅上級プランナー・行政書士(有資格者)・SDGs検定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR