FC2ブログ

「いのちの林檎」が、7月13日より新宿武蔵野館で上映されます! 

無添加住宅横浜モデルハウスも最近の雨で、通路沿いに植えてあるアジサイの花が鮮やかに輝いています。


以前、今上映中の「奇跡のりんご」という映画のつながりで、

「いのちの林檎」と言う物語があることを

お伝えしましたが、ドキュメンタリー「いのちの林檎」のプロデューサーをされています馬場様より

「いのちの林檎」のパンフレットが送られてきました。

P1040586.jpg


映画「奇跡のりんご」のモデルである、農薬を使わない林檎作りに苦労の末に成功した木村秋則さんの作った

無農薬で自然の恵みと愛情にあふれた林檎が、化学物質過敏症で苦しむ女性、早苗さんの命を救った

まさに、二つの魂が出会った真実のデドキュメンタリー作品が「いのちの林檎」なのです。


7月13日(土)より、新宿武蔵野館にて上映が行われます。是非見てほしい作品です。

無添加住宅は、「いのちの林檎」を応援しています。



現在、化学物質過敏症の患者さんは、全国で推定で約70万人(180人に一人)言われています。

小さいお子様も含めると100万人とも言われています。(120人に一人)


私自身が、化学物質過敏症の軽い症状と言われるシックハウス症候群に罹っていますので、感覚的にわかりますが

化学物質過敏症のお客様が、日常生活を通常におくれない現状をこのドキュメンタリーを見て頂ければわかります。

シックハウスや化学物質過敏症は、他人事ではありません。知らないうちに花粉症と同じようにいつ罹るかも

わからないからです。あるお客様はトイレのリフォームが原因だったり、あるお客様はシロアリ工事が

原因だったり、あるお客様は防音工事だったりと原因は様々です。

しかし、ほとんどが住宅や職場などの長く居る事が多い、住環境が原因となっています。


私の場合は、会社の事務所の床材(カーペット)をクリーニング(強力な薬品による)が原因で

シックハウスになりました。もともとすこしアレルギーもありましたが、すごく怖いものです。

たとえは、衣類等も一度洗って、干さないと着れませんし、洗剤も無添加なシャボン玉石けんなどを使っています。

シャボン玉石けん様とは、無添加つながりで親しくさせて頂いています。


シックハウスの場合は、原因物質が少ない環境に行けば大丈夫ですが、化学物質過敏症の方は少しの化学物質にも

反応をされます。(例えば、家庭用洗剤や化粧品、防虫剤や添加物など)


そんな健康な方が、普段使われている物が使えない方が、日本には180人に一人という割合でいることを

知って頂き、この「いのちの林檎」を見て頂くと早苗さんが木村さんの作られた林檎で救われた事が

わかって頂けると思います。


2012年お蔵出し映画祭グランプリー作品 「いのちの林檎」

HP → http://www.inochinoringo.com/


スポンサーサイト



自動車は軽自動が売れていますが、住宅も維持管理費用を考えて買う時代に!

横浜もやっと梅雨らしくなってきました、田んぼの稲も喜んでいるみたいです。

畑の野菜も、すっかり元気になりました。

P1040583.jpg

さて、最近発表された自動車の売り上げランキングで、ベスト10がハイブリットタイプか

軽自動車だとなっていました。特に軽自動車が順調に売れているそうです。

ではなぜ、このようになっているのかを考えると環境に優しいことはもちろんですが、圧倒的に

維持管理費用(税金、燃料費、車検等の費用)が

安いことが決め手になっていると思います。


では、なぜもっと高額な買い物である住宅

維持管理費用(メンテナンス費用)を

考えて、買われたり、契約をしていないのでしょうか?


わかって契約をしている人もいるかもしれませんが、大半の人がその事に気付いていなかったり

どこも一緒だと思っているのではないででしょうか!


各住宅会社に行かれて、「お宅で家を建てるとメンテナンス費用がいくら掛るのか」を聞いていますか?

ほとんどの方が、聞かれたことがないのではないのでしょうか!



は、住宅も、工法や使用する建材、接着剤などにより


10年後20年後30年後のメンテナンス費用が大きく変わります。

(いろんな住宅会社で、必ず聞きましょう!)


情報化の時代に、建築後の費用を考えて住宅会社を選ぶ時代が来ると思います。


無添加住宅は、特殊な事をやっているわけではありません。昔からの家つくりの知恵を生かし、昔から使ってきた

建材類を使い、現代風にアレンジをしているだけです。

無添加住宅は、「いつまでも安心をして住み続ける家づくりをめざしています」


現に、昔からの家は長く住み続けていますが、新建材時代に建てた家にはたして住み続けていけるのでしょうか?


今こそ、昔のように子や孫の時代に財産として残していける住まいづくりを考えてもいいように思えます。

決して新建材の家を否定するものではありません。昔からの家には、いろいろな問題点もあり今の家づくりが

出来てきたわけですのですから。しかし、ヨーロッパや日本の古民家のように古くなっても、味わいがあり

住み続けていける家(当然メンテナンス費用が安くつく)が見直されても良いと思います。


そうしないと、35年の住宅ローンが終わるまでに大きくメンテナンス費用が掛かり、ローンが終われば

建て替えをしたくなるぐらいメンテナンス費用が掛かる事が、本当に当たり前なのかそうでないのかを

考えて、住宅会社を選定して頂きたいと思います。(日本の住宅の寿命は、30年弱と言われています)

(決して無添加住宅が、全て良いと言っているわけではありません)


自動車を賢く選んだように、

住宅も賢く選ぶ時代にしましょう!



次回は、メンテナンス費用がどれぐらい違うかを検証したいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。




映画「奇跡のリンゴ」明日から公開!この物語には、「いのちの林檎」という物語が!

いよいよ明日から全国の映画館で「奇跡のリンゴ」の上映が始まります。

この物語は、リンゴを育てるために大量の農薬が使われていますが、その農薬によって妻が化学物資過敏症に

なり、その妻を助けるために無謀とも不可能とも言われた無農薬のリンゴ栽培に挑戦した実話をもとにした

感動の物語であります。最近TVのCMでも、よく見かけるとおもいます。

奇跡のリンゴ http://www.kisekinoringo.com/


奇跡のリンゴもとても感動の物語ですが、この物語につながるもう一つの物語があるのです。

それは、「奇跡のリンゴ」に出てくる木村さんのリンゴが一人の化学物資過敏症女性を救った

感動の物語があるのです。それは、木村さんの奥様と同じ化学物質過敏症の早苗さんという人が

自宅の新築が原因で、化学物質過敏症(自身の化学物質に対する容量が一杯になり、発症すると

日常使っている整髪料や洗剤・歯磨き粉などに反応してしまう病気)になり、病名が分からないうちに

重症化して、ある日突然食器や食べ物から拒否反応が起きて、水も飲めない状況になり、ついには4日目に

脱水症状となり、どうしょうもないときに、木村さんのリンゴに出会い林檎から水分を補給して

助かったと物語があったのです。

この方は、安心して安全な空気を吸うために、高度1000m級の山にテントを張り、生活をしたり

大変な苦労をしていることをドキメントとして映しています。(他に、同じように苦しむ兄弟も映しています)


無添加住宅も化学物質過敏症のお客様と接する機会も多く、多くの方に化学物質過敏症の方の苦しみを知って

欲しくて、無添加住宅代理店の皆様にこの映画を見てほしいと勧めています。

「奇跡のリンゴ」と違い、「いのちの林檎」は自主上映ですので、近くの映画館では見れない場合が多いのですが

是非この「いのちの林檎」を見て頂きたいと思います。


いのちの林檎  http://www.inochinoringo.com/index.html


余談ですが、奇跡のリンゴの木村さんは大豆の根粒菌を利用したり、益虫を利用したり少し秋田社長と

同じマニアックなところが似ていると思うのは私だけでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。
 

奇跡のリンゴいよいよ明日から公開!化学物質過敏症の妻を助けるために

6月2日は、横浜開港記念日です!無添加住宅横浜モデルも近くです。

6月に入り、梅雨の時期となり横浜モデルハウスも田植えの準備が整い、雨を待ち望んでいる状況です。

今日は、横浜市にとっては記念の日です。

今から154年前の1859年6月2日に横浜港を開いたことを記念して、開港記念日となっています。

横浜市内では、小中学校も休校になる日です。

今週末は、横浜ではアフリカ開発会議が行われていますが、来週末は横浜開港祭2013がみなとみらい地区を

中心に行われます。

横浜開港祭2013 → http://www.kaikosai.com/index.html

8日(土)と9日(日)は、いろいろなイベントが、会場周辺とステージと海上にて行われます。

是非、この機会にお越しください。

横浜モデルからも、みなとみらいへは近いので、タクシーのワンメーターぐらいで行ける距離です。

横浜モデルに来て、開港祭をたのしんで、中華街でおいしいものを食べるのも良いと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

chujyo

Author:chujyo
無添加住宅直営横浜リノベスタジオの店長の中上(ちゅうじょう)です。
シックハウス症候群である自身の体験と建築・リフォームに長く携わって来た経験と学んだ知識を生かして一人でも多くの方に無添加住宅を知って頂く事を目指しています。
1級建築士・インテリアコーディネーター・宅地建物取引士・風水鑑定士・無添加住宅上級プランナー・行政書士(有資格者)・SDGs検定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR