FC2ブログ

手前味噌のお話

無添加住宅横浜モデルハウスもお蔭様で、オープン4周年を無事迎えました。

明日は、感謝の餅つき会を行われます。

多くの笑顔に会えることを期待しています。


さて、秋田社長がよく菌のお話をしています。昔から漆喰の部屋にいると

良い菌が生き生きとして、悪玉菌が少なるなることがわかっていますが、

漆喰の部屋ならではの味噌の作り方があるそうです。

(昔からの作り方)


関西の代理店様主催では、味噌つくりの講習会を開いた事があるそうです。

(関東地区でも是非やりたいと考えているところです)


fig9.gif



さて、その作り方を聞くと手を洗わずに自分の乳酸菌がたくさん付いた手で

混ぜることから始まるそうです。乳酸菌を先に増やすことで、他の菌が

増えないようにするそうです。その後麹菌を付けて、味噌になっていくわけですが

乳酸菌等は、人それぞれで違うそうで同じように作った味噌の味に差があるそうです。

(麹菌の違いもあるそうです)


自分についている乳酸菌等は、昔から自分になじんでいる菌ですから

自分にとっては、嫌なにおいでもありませんし、美味しく感じられるのも当然です。


ですので、自分の作った味噌は美味しいので、他人にも美味しいだろうと勧めますが

乳酸菌等の違いにより味が違うわけで、昔から自分の味噌は美味しいと言う事で

自分の事を自慢することを「手前味噌」と言う言葉が出来たそうですが、当然自分の

乳酸菌等が入った味噌が自分にとっては美味しいのは当たり前な話だそうです。

(しかし、他人にとってはビミョーな味の場合があるそうです)


昔ながらの味噌作りが出来る漆喰の部屋はとても、有用菌にとっても良い環境であると共に

人間にとっても良い環境と言えるでしょう! しっくいの良さの一つだと思います。

(ですので、昔から味噌蔵はしっくいの部屋になっているそうです)


とても手前味噌なお話でした。
スポンサーサイト



プロフィール

chujyo

Author:chujyo
無添加住宅直営横浜リノベスタジオの店長の中上(ちゅうじょう)です。
シックハウス症候群である自身の体験と建築・リフォームに長く携わって来た経験と学んだ知識を生かして一人でも多くの方に無添加住宅を知って頂く事を目指しています。
1級建築士・インテリアコーディネーター・宅地建物取引士・風水鑑定士・無添加住宅上級プランナー・行政書士(有資格者)・SDGs検定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR