FC2ブログ

テレワークのしやすいスペース作りとは

 コロナ以降で、大きく変わった一つがテレワークが増えたという事で。最近リフォーム相談のお客様からも、在宅勤務時の仕事スペースについて話をする機会がありました。私も、在宅勤務をしていましたので、自宅に机や椅子があるかどうかが作業効率に大きく違いが出る事を体験しています。また、家族のいる方は集中して仕事の出来るスペースがある(書斎など)があるかどうかも重要なポイントだと思います。

 そこで、在宅勤務時の仕事スペースをどう考えるのか?すこし、私なりに理想的なワークスペース考えてみました。
①.家族と隔離された集中して仕事が出来るスペースが必要
>LDKの一部とかではなく出来れば家族の声聞こえない静かなスペースを確保する(オンライン会議等対策)

②.十分なデスクスペースがある (PC・ファイル・雑誌・卓上照明・コーヒーカップなどが置ける)
>最低奥行600×幅900程度:理想としは奥行700×幅1400程度あれば仕事がしやすい

③.仕事する時の明るさ(照度)の確保 事務系750ルクス~細かい仕事系1500ルクスが必要
>窓(自然光)の設置(換気などにも有効)照明の確保(卓上照明なども併用)※天窓は、窓の3倍明るい

④.オンラインでの会議なども想定して場所や壁面なども考える (背面の窓などにも注意)
>プライベートが出る場所や反射するもの(鏡など)や動きのある物(窓越しの車なども)を避ける

⑤.作業しやすい机やカウンターの高さや椅子の選定など (書き仕事70㎝・キーボード仕事-3~5㎝)
>机の高さを固定する場合は、椅子を昇降式の物を選ぶとキーボード入力時に座面を上げて対応可

⑥.キャスター付きの椅子の場合、床材の選定が重要 (傷や音の問題や快適性)
>ムク材の場合は、硬い床材(弊社ロックファーなど)やタイルカーペットなど(階下の音対策にも)

⑦.収納スペースの確保 (本やファイルなど)  ※造作収納棚で間仕切りも可能
>造作の本棚を設置するまた、鞄などの吊るすフックなども

⑧.電子機器用の十分なコンセントの確保 (PC・モバイル・卓上照明・携帯充電器など)
>4口以上のコンセントやUSBポート付コンセントも活用

⑨.快適な室内空間 (快適な環境が仕事のやる気を持続してくれる)
>四季に対応できる空調関係や広さや構成する色(落ち着いた色)や素材(天然素材など)も大切
 
新築時もリフォーム・リノベーション時も上記の事を考慮して快適なワークスペースになれば、テレワークしやすい空間が出来ると思います。
スポンサーサイト



~梅雨と念仏踊りと漆喰について~

 14日に東北北部が梅雨入りして、これで本州以南が梅雨シーズンに突入となりました。(沖縄は、梅雨明けをしました)
梅雨と言うと、いやな時期になったと思う方が多いと思います。私の出身の香川県は、雨が少ない瀬戸内気候で、大きな川もないために、日本一ため池が多い県でしたので、梅雨は恵の雨だという認識でした。
 1974年に徳島県の早明浦ダムからの香川用水が出来るまで、毎年のように水不足に悩まされていました。
 綾川町にある滝宮天満宮では、天満宮で有名な菅原道真公が国司が務めていた時期に、大飢饉になった年があり、身を挺してい雨乞いをして雨が降って人々が救われたことを起源として、今でも念仏踊り(雨乞い踊り)が行われています。(小さい頃よく行っていました)
念仏踊り

 この時期に、良くお客様から「室内(漆喰の)に入ると少しジメジメ感が和らぐ(湿度が下がる)ので快適ですよと言われます。無添加住宅オリジナル漆喰は、施工するときに大量の水で練って施工をします。それが空気中の二酸化炭素と結合して石灰岩に戻ろうとする原理で固まります。その過程で大量の水分が蒸発をしますので、漆喰の内部は空洞が大量に存在しています。その穴が、空気中の水分(水蒸気)を貯める事が可能なのです。これが調湿する仕組みなのです。
漆喰画像

 さらに、この時期喜んで頂いていることが室内干した場合に「嫌な臭いがしないし、早く乾くから良い」と言われます。
通常高温多湿の時期に、室内干しをすると雑菌が繁殖をして嫌な臭いがして再度洗濯をする方もいるそうですが、漆喰の抗菌効果により、雑菌の発生を抑えるので室内干しをしていも、臭わないという訳です。当然カビ対策にもなります。
又、調湿効果があるので、湿気を取る事で通常より早く乾く効果もあります。

梅雨の高温多湿の時期を少しでも快適に過ごして頂ける提案を今後もして行きたいと思います。

~夏バテ解消!簡単甘酒作り(発酵食品)~

jijico_1_870_0.jpg
 実は、「甘酒」は夏の季語になることをご存知でしたか?
 冷えた甘酒も、とても美味しいです。これから夏本番になりますが、甘酒は栄養価が高い飲み物で夏バテ予防に良いと言われています。飲む点滴と言われる甘酒ですが、自宅で作ると無添加甘酒が簡単に作れます。
 健康・美肌効果・ダイエット・便秘解消・保湿成分などに効果があると言われています。米麹から作る甘酒は、血糖値を抑制する作用が含まれていると言われます。但し、カロリーが高いので、飲みすぎは注意が必要です。
 
 甘酒は、米麹から作成する場合と酒粕から作る場合があります。小さい頃は、家で酒粕から作る甘酒が多く、アルコールが苦手な私はあまり好きではありませんでした。しかし、米麹で味噌や甘酒や塩こうじなどを作る事を学んでからは、甘酒が好きになりました。市販の甘酒も多く販売をしていますが、添加物が入っている甘酒も多いと思います。(もちろん無添加の物もあります)簡単に自宅で無添加甘酒ができれば、安心で飲むことが出来ます。
 
 特に、最近売れている電気圧力なべで温度管理が出来るものや温度管理の出来るヨーグルトメーカーが多く発売されています。私は、タニカ電気のヨーグルトメーカーを使っていますが、簡単にできます。
水400CC 炊いたご飯1合 乾燥米麹200ℊ だけです。
 水を400CC入れて炊いたご飯を入れてよく混ぜます。そこに、よくほぐした米麹を入れてヨーグルトメーカーに入れて60℃で、60℃で6時間で出来上がります。

 同様に、温度管理が出来る調理器具でも60℃で6時間程度で出来ます。そのような器具の無い方は、同じように混ぜ合わせて65度まで鍋で加熱後に真空ポットや真空スープジャー(容量注意)などに入れて作るやり方などもあります。炊飯器でも出来ます。検索するといろいろレシピ等が出てきます。

 私は、出来た甘酒を豆乳で割って飲んでいます。甘みを付ける料理にも、砂糖の代わりに使っています(甘麹)

是非簡単に無添加甘酒を作って、夏バテ防止を!

~ヤマボウシ(樹木)が満開~

 通勤途中の公園で、ヤマボウシの花が満開になっています。私がとても好きな花(木)の一つです。
                ヤマボウシ全体
 ヤマボウシは、よく住宅の庭木の提案でしていました。毎年この季節に可憐で純情な花を咲きます。(花言葉は、友情)
ハナミズキの親戚になります(ハナミズキ=別名アメリカヤマボウシ)が、花の咲き方は大きく違います。多くの種類があり、花の色が白以外にもピンク系やクリーム系の花を咲かせるものなどもあります。庭木としては、この季節は花を楽しみ、秋には紅葉と果実と3回も楽しめるので人気の樹木です。

 出張で中央道を行くと、諏訪IC近くに道路沿いに多く見られます。長く楽しめるのが特徴です。果実もマンゴーのような甘みのあり、ジャムや果実酒にも出来るそうです。本来日本の山に普通に生えている品種です。
庭木にする場合は、高さが5m~10mになるので植える位置に注意が必要です。

コロナウイルスの関係で、気持ち的にも少しつらい時期ですが、公園や山に出かけるとこの花に出会えるかもしれません。見ていると少しは気持ちを和らげることが出来ると思います。
プロフィール

chujyo

Author:chujyo
無添加住宅直営横浜リノベスタジオの店長の中上(ちゅうじょう)です。
シックハウス症候群である自身の体験と建築・リフォームに長く携わって来た経験と学んだ知識を生かして一人でも多くの方に無添加住宅を知って頂く事を目指しています。
1級建築士・インテリアコーディネーター・宅地建物取引士・風水鑑定士・無添加住宅上級プランナー・行政書士(有資格者)・SDGs検定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR