FC2ブログ

~水廻りリフォームの知恵~

~水廻りリフォームの知恵~
水廻りリフォーム時の知恵として、よくお話をするのが動線計画(横移動・縦移動・回転移動)を考える事です。
収納(パントリーを含む)を含めて、如何に効率よく無駄のない動線を作り出せるのかを考える必要があります。

例えば、キッチンで言えば冷蔵庫の位置とか鍋などの収納場所や食品の収納場所なども含めてほとんど回転するか1歩~2歩程度でストレスのないキッチンを提案出来るのか?かがんで取り出すことが多いと腰の悪い方には負担が増えると思いますので、下部の収納時にも工夫が必要です。上部の収納は、最近はほとんど提案をしません。天袋の収納は、取り出しが大変でほとんど使わないものを入れて、忘れてしまうパターンが多いと思います。パントリーがあるととても便利です。

脱衣場と洗濯機と物干し場の関係や下着類などは脱衣所にしまう方が洗濯物を効率的に収納できることや最近は洗濯物を屋外に干さずに室内干しする方も増えたので、そのようなスペースを提案することで、今までの悩みの解消にもなると思います。
家事をする皆様にとっては、365日に大変なお仕事だと思います。少しでも、家事ストレスを減らす提案が出来ればと思っています。

よくおススメしているのが、少し大きめのパントリーを提案します。もし急なお客様が来た時にLDK廻りの雑物をまとめてパントリーに収納出来れば、片付けがすぐに出来ます。少し大きなバスケットなどを用意しておくと、とっさの時にそこに物を入れて、さっと片付けが可能かと思います。もちろん実家から送ってもらった野菜などやビールや災害に備えた食品の大量ストックも収納が出来ます。

又、スペースがあれば洗面と脱衣を別に提案する場合もあります。(洗面を使っていても、入浴が出来る)
脱衣所には、タオルや下着類の収納部分も提案をして、天井から稼働式の物干しを付ければ簡単な室内干しが可能です。
洗面所や脱衣所なども漆喰塗りにすると、雑菌の発生を抑えて湿気を吸着してくれるので、生乾きで嫌な臭いのすることも少ないと思います。

水廻りなどで、床をタイルにする時の注意点としては、夏はひんやりで気持ちが良いですが、冬は寒いので床暖房なども検討が必要です。また、汚れの目立たない色目めのタイルで目地を少し濃いめのグレー色などを使うと、汚れも目立ちにくく掃除も簡単です。

動線がよく、収納のスッキリで気持ちのいい水廻りが出来ると、家事をする時間が少しでも楽しくなるかもしれません。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

chujyo

Author:chujyo
無添加住宅直営横浜リノベスタジオの店長の中上(ちゅうじょう)です。
シックハウス症候群である自身の体験と建築・リフォームに長く携わって来た経験と学んだ知識を生かして一人でも多くの方に無添加住宅を知って頂く事を目指しています。
1級建築士・インテリアコーディネーター・宅地建物取引士・風水鑑定士・無添加住宅上級プランナー・行政書士(有資格者)・SDGs検定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR